Loading...

ネクストエンジンで出荷元を楽天スーパーロジスティクスと自社倉庫で自動に振り分ける方法

BLOG

2020.5.12

商品の大きさによって、楽天スーパーロジスティクス(以下:RSL)出荷と自社出荷で分ける運用をしている人は、出荷元をRSLと自社倉庫で振り分けるのに精神的ストレスや時間の無駄を感じているのではないでしょうか。

振り分けを手作業で実施すると、間違えないように意識して精神的ストレスが溜まりますし、締め時間に間に合わなくなって商品の発送に影響が出る恐れがあるので危険です。

この記事では、ネクストエンジンをお使いの方に向けてSKUによってRSL出荷か自社出荷を自動で振り分ける方法について紹介します。

この記事を読んで、作業の手間を減らして毎日の精神的なストレスが解消していただけたら幸いです。

RSLか自社倉庫の出荷元を手動で振り分けるのは大変

下記の理由で自社で送りたいと思っている人は多いと思います。

  • RSLが対応している「ゆうパケット」より安い配送方法で出荷したい
  • RSLが対応していない領収書同封希望の場合
  • セット商品でラッピングや熨斗希望の場合

その時、自社で送りたいという理由で自社倉庫とRSLを使い分けているケースがあります。

その場合、ネクストエンジンを使用して手動で振り分けるとき「商品分類タグ」や「受注分類タグ」の機能を使っている方が多いでしょう。

具体的には「商品分類タグ」で「RSL出荷」「自社出荷」のようにそれぞれの商品にタグを付与して、伝票を抽出します。その後、受注単位でタグを付与できる「受注分類タグ」を使用し、各倉庫へ出荷依頼を出す方法です。

NE画面「SKUに応じてタグ付け」
画像1:NE画面「SKUに応じてタグ付け」

しかしこの作業は、手間がかかるのに加え、毎日締め切り時間までに間に合わせないといけないためミスが許されないというプレッシャーもあります。

もし間違えて締切時間を過ぎて出荷依頼先の倉庫に商品がない場合は、出荷不可になってもう一度同じ作業をしなければならず、余計な手間がかかります。

さらには、ようやく送れたとしても商品が顧客に届くのが遅延してしまうという問題が発生するかもしれません。
ですので、自社倉庫とRSLを手動で振り分けるのは非常にストレスがかかる作業なのです。

この出荷元倉庫の振り分けは、ネクストエンジンの機能では自動化できませんが、「Tetra」というネクストエンジンのアプリを活用するとSKUによって出荷元の倉庫を自動で振り分けられます。

出荷元倉庫の振り分けを自動で行うと、人為的ミスがなくなる上、精神的なプレッシャーを受けずに済みます。

また、今まで仕方なくやっていた毎日のルーティンワークが一つ解消されるのです。

次の章では、「Tetra」で具体的にRSLか自社倉庫の出荷元を自動で振り分ける方法について詳しく紹介します。

RSLか自社倉庫の出荷元を自動で振り分けられる「Tetra」とは

tetraは、ネットショップ運営者が様々なサービスや条件を組み合わせて、自分でオリジナルの業務効率化ツールを作れるクラウドサービスです。

非エンジニアでも、日々のタスクを自動化するツールを自分で簡単に作れます。

また、ネットショップの運営をする上で一般的に発生する様々なタスクは予めテンプレート化されており、”SKUによってRSL出荷か自社出荷の倉庫を自動で振り分ける”というタスクも、テンプレートとして提供されています。

このテンプレートに沿って必要な情報を埋めていくだけで、今日からでもすぐに上記の出荷倉庫の振り分けを自動化できます。

では、実際の自動化するためのテンプレートを確認してみましょう。

Tetraテンプレートイメージ「SKUによって出荷元自動振り分け」
画像2:Tetraテンプレートイメージ「SKUによって出荷元自動振り分け」

このテンプレートでは、以下の流れで実行しています。

  • Googleスプレッドシートから、出荷元倉庫を読み込み
  • NE伝票に[出荷元倉庫]のタグを付与。

一項目ずつ詳しく説明します。

Googleスプレッドシートから出荷元を読み込み

Googleスプレッドシートから商品コードと配送元が「自社出荷」か「RSL出荷」なのかを読み取ります。

Googleスプレッドシート「商品コードと配送元」
画像3:Googleスプレッドシート「商品コードと配送元」

NE伝票に[出荷元倉庫]のタグ付与。

ネクストエンジンの受注伝票の中の受注タグに、前項目の通りに「自社出荷」と「RSL出荷」で振り分けて付与します。もし、複数商品購入時に、出荷元倉庫が異なる場合は、「複数倉庫」というタグをつけます。

出荷元倉庫が複数跨っている商品に気づけるようにしておくためです。
出荷元倉庫が複数になってしまった場合、自社出荷するのが決定しているのであれば「自社出荷」というタグに変更も可能です。

伝票分割して依頼したい場合は、「複数倉庫」のタグを設定し、手動で受注分類タグの設定が必要になります。
今後「Tetra」を使えば、この作業も自動でできる予定です。

「Tetra」を体験するには

Tetraで前述したテンプレートを使うことで、SKUによって楽天スーパーロジスティクス(RSL)か自社倉庫の出荷元を自動で振り分けられます。「Tetra」を使えば毎日の手間が省け、精神的なストレスを軽減できるのです。

商品によっての物流コストの見直しや、他業務の効率化を検討するのも可能です。

「Tetra」自体の設定作業は早ければ数分で完了します。
ネクストエンジンとの接続設定の後、手順に従ってテキスト入力やデータ選択を行うだけです。

Tetraは、30日間無料でのトライアルができますので、ぜひこのテンプレートを活用して、自分自身で業務効率化ツールを作る感覚を実感しましょう。

「Tetra」無料トライアルの詳細はこちら

他にも様々な業務を自動・効率化

tetraでは、複数のパーツを接続して何らかの処理を実行する一連の流れを「フレーズ」と呼び、フレーズは「ノート」という、メール送信、条件分岐、他サービスとの連携(ネクストエンジン、Chatwork、Googleスプレッドシートほか)などのアクションを行うパーツから構成されています。

このノートの組み合わせ方や設定方法次第でできることが無数に広がるので、既存サービスでは実現できなかったような自社ならではの細かい業務まで自動化できるのがTetraの特徴です。

ネットショップを運営している方々の実際の業務を元にしたテンプレートを活用し、業務の効率化を実現するだけでなく、テンプレートのカスタマイズや、一からフレーズを組み立てて自社ならではのオリジナルツールを作成できます。

ぜひ一度、Tetraで今必要なツールを自分で作る体験をしてみてください。

「Tetra」無料トライアルの詳細はこちら

関連記事

     ホーム / テンプレート・ブログ / ネクストエンジンで出荷元を楽天スーパーロジスティクスと自社倉庫で自動に振り分ける方法