Loading...

ネクストエンジンで指定時間以降の受注時に自動で納品書印刷指示日を1日後にする方法

BLOG

2020.5.19

ネクストエンジンを利用している人で、仕入れ販売の際に発送まで一定期間日数を要する運用している人は多いのではないでしょうか。

遅い時間帯での注文だと、仕入れ先の受付時間が終わり、翌日の受付となってしまうため、全体の準備期間に1日追加で確保したい場合がありますよね。
しかし、ネクストエンジンだけでは、手動でやらないといけないため、手間がかかってしまいます。

この記事では、ネクストエンジンでお届け先住所毎に指定の時間以降の受注を、自動であらかじめ自動設定されている納品書印刷指示日から1日後にする方法を紹介します。

ネクストエンジンで発送まで一定期間を要する運用の事例

画像1:ネクストエンジン画面「日付自動登録設定」

ネクストエンジンを利用している人の運用方法の事例として下記のフローが挙げられます。

  1. 日付自動登録機能を使って、お届け先住所毎に納品書印刷指示日を自動で登録設定。
  2. 登録した日付まで「印刷日待」ステータスに止めます。

このフローによって、準備期間を確保するという運用をしている人は多いのではないでしょうか。
遅い時間帯での注文だと、仕入れ先の受付時間が終わり、翌日の受付となってしまうため、全体の準備期間にもう1日確保したい場合もあるかと思います。

その際、手動だと1件1件受注日時を目で見て処理する手間がかかり、またルーティンワークとして日々やり続けないといけないというストレスがあります。

次の章では、ネクストエンジンとネクストエンジンアプリの「Tetra」を使用して、指定時間以降の受注に対して、送り先住所毎に自動で納品書印刷指示日から1日後にできる方法を紹介します。

ネクストエンジンで指定時間以降の受注を自動で納品書印刷指示日から1日後にできる「Tetra」とは

Tetraは、ネットショップ運営者が様々なサービスや条件を組み合わせ、オリジナルの業務効率化ツールを自分で作れるクラウドサービスです。
プログラミングの経験がなくても、日々のタスクを自動化するツールが自分の手で簡単に作れます。

また、ネットショップの運営をする上で一般的に発生する様々なタスクはあらかじめテンプレート化されており、“指定時間以降の受注の場合、送り先住所毎に自動であらかじめ設定している納品書印刷指示日から1日後にする”というタスクも、テンプレートとして提供されています。

このテンプレートについて詳しい内容を確認していきます。

画像2:Tetraテンプレートイメージ「納品書印刷指示日を更新して翌日に処理する」

このテンプレートでは、下記のプロセスを自動で実行します。

  • 15分おきにネクストエンジンの「印刷日待」から受注を取得
  • 15時以降の受注かどうかを判定
  • すでに設定されている納品書印刷指示日から1日後にする

このテンプレートの設定作業は早ければ数分で完了します。

ネクストエンジンとの接続設定の後、手順に従ってテキスト入力やデータ選択を行うだけで、指定時間以降の受注を自動で納品書印刷指示日から1日後にできます。

Tetraは、30日間無料でのトライアルができますので、ぜひこのテンプレートを活用して、自分自身で業務効率化ツールが作れる感覚を実感してください。

他にも様々な業務を自動・効率化

Tetraでは、複数のパーツを接続してなんらかの処理を実行する一連の流れを「フレーズ」と呼び、フレーズは「ノート」という、メール送信、条件分岐、他サービスとの連携(ネクストエンジン、Chatwork、Googleスプレッドシートほか)などのアクションを行うパーツから構成されています。

このノートの組み合わせ方や設定方法次第でできることが無数に広がるので、既存サービスでは実現できなかったような、自社ならではの細かい業務まで自動化できるのがTetraの特徴です。

ネットショップを運営している方々の実際の業務を元にしたテンプレートを活用し、業務の効率化を実現するだけでなく、テンプレートのカスタマイズや、一からフレーズを組み立てて自社ならではのオリジナルツールを作成できます。

ぜひ一度、Tetraで今必要なツールを自分で作る体験をしてみてください。

関連記事

     ホーム / テンプレート・ブログ / ネクストエンジンで指定時間以降の受注時に自動で納品書印刷指示日を1日後にする方法