Loading...

ネクストエンジンと楽天スーパーロジスティクスの併用時に、Yahooショッピングのクーポン利用受注での出荷エラーを自動で防ぐ方法

BLOG

2020.5.12

ネクストエンジンと楽天スーパーロジスティクス(以下:RSL)を併用している場合、Yahoo!ショッピングでクーポンを利用した注文をそのまま出荷依頼してしまうと、出荷エラーが発生します。

このエラーを防ぐために、一つ一つ受注を開き、伝票の作業用欄に記載されている“[定額・定率クーポン値引額]XXX”という文字列から「値引額」の文字列を削除する、という作業を行なっているEC事業者も多いのではないでしょうか。

NE画面の作業用欄に記載の「値引額」を削除
画像1:NE画面の作業用欄に記載の「値引額」を削除

この作業は一つの注文あたり10秒程度で終わるとはいえ、処理のし忘れやミスによって出荷エラーが発生してしまうと、締め時間を気にしながら再度伝票を修正し直さなければなりません。
また、Yahoo!ショッピングでのクーポン利用の全受注が修正の対象となるため、店舗の運営方針によっては土日もこの作業を行っているケースもあるようです。

これはネクストエンジンの機能では自動化できませんが、「Tetra」というネクストエンジンのアプリを活用する事で、該当する受注があった際、伝票の作業用欄に「”[クーポン]XXX”」(XXX=クーポン利用額)という文字列を自動で追記し、楽天スーパーロジでの出荷エラーを防止できるようになります。

この処理を自動化する事で、修正漏れ等でのエラーが減り、締め時間ぎりぎりに修正をする心配がなくなる上、土日に作業が不要になるなどのメリットがあります。

「[クーポン]XXX」という文字列を自動で記入できる「Tetra」とは

「Tetra」とは、ネットショップ運営者が、さまざまなサービスや条件を組み合わせ、オリジナルの業務効率化ツールをノーコードで作れるクラウドサービスです。

プログラミングの経験がなくても、日々のタスクを自動化するツールを自分の手で簡単に作ることができます。

また、ネットショップの運営をする上で一般的に発生するさまざまなタスクは、あらかじめテンプレート化されており、”Yahoo!ショッピングで、クーポンを利用した受注の場合「[クーポン]XXX」という文字列をネクストエンジンの作業用欄に追記する”というタスクも、テンプレートとして提供されています。

このテンプレートに沿って必要な情報を埋めていくだけで、今日からでもすぐに書き換え作業を自動化することができます。

では、実際に自動化するためのテンプレートを紹介していきます。

Tetraテンプレートイメージ「ネクストエンジンの作業用欄に自動で追記」
画像2:Tetraテンプレートイメージ「ネクストエンジンの作業用欄に自動で追記」

このテンプレートでは、下記のプロセスを自動で実行します。

  • 5分おきに新規注文を確認し、作業用欄に「クーポン値引額」の記載がある伝票を抽出
  • その中からさらに、伝票の「他費用」がマイナスになっているものを抽出
  • 対象伝票の作業用欄に、それぞれ「[クーポン]XXX」(XXX=他費用)と追記

クーポン利用額は伝票内の「他費用」に記載されているため(例:-200)、その数字にマイナスを掛け直しプラスに変換した金額を「[クーポン]XXX」のXXXに反映し、作業用欄に追記します。

NE画面「数字にマイナスを掛け直しプラスに変換した金額を作業用欄に追記」
画像3:ネクストエンジン画面「数字にマイナスを掛け直しプラスに変換した金額を作業用欄に追記」

—–
【注意事項】
ラッピング代などが他費用に算入され、他費用がクーポン利用額と一致しない場合があります。 
ラッピング代:300
クーポン利用額:500
=他費用:-200

この場合、楽天スーパーロジから出荷される納品明細書の「クーポン利用額」が500ではなく、200と記入されるようになります。
実際の決済金額が変わる訳ではないので、出荷通知メールなどで事前に”納品明細書の「クーポン利用額」には、ラッピング代などその他手数料を差し引いた金額が反映されます”などの案内をおすすめします。
—–

「Tetra」自体の設定作業は早ければ数分で完了します。
ネクストエンジンとの接続設定の後、手順に従ってテキスト入力やデータ選択を行うだけです。

「Tetra」は30日間無料でトライアルができます。
ぜひこのテンプレートを活用して、自分自身で業務効率化ツールを作る体験をしてみてください。

他にもさまざまな業務を自動・効率化

「Tetra」では、複数のパーツを接続して何らかの処理を実行する一連の流れを「フレーズ」と呼び、フレーズは「ノート」という、メール送信、条件分岐、他サービスとの連携(ネクストエンジン、Chatwork、Googleスプレッドシートほか)などのアクションを行うパーツから構成されています。

この「ノート」の組み合わせ方や設定方法次第で、できることが無数に広がります。
既存のサービスでは実現できなかった、自社ならではの細かい業務まで自動化できるのが「Tetra」の特徴です。

ネットショップを運営している方々の実際の業務を元にしたテンプレートを活用し、業務の効率化を実現するだけでなく、テンプレートのカスタマイズや、一からフレーズを組み立てて、オリジナルツールを作成できます。

ぜひ一度、「Tetra」で今必要なツールを自分で作る体験をしてみてください。

関連記事

     ホーム / テンプレート・ブログ / ネクストエンジンと楽天スーパーロジスティクスの併用時に、Yahooショッピングのクーポン利用受注での出荷エラーを自動で防ぐ方法